こっころお口のサポート

当院ではマタニティ歯科の一環として、母子手帳とこっころパスポート両方持参の方に限り、妊娠期間中及び出産後それぞれ1回ずつ歯周病チェック、ブラッシング指導、産前産後の食生活チェック、クリーニングを「こっころお口のサポート」として無料で行っております。

 

「マイナス1歳からの虫歯予防」って知ってますか?

 

赤ちゃんの乳歯の生育は、お母さんが妊娠に気付き始めた妊娠7週目くらいからはじまります。

一生使う永久歯の芽(元になるもの)は妊娠3ヶ月目くらいにはできはじめているのです。

これは出産までずっと続きます。歯の丈夫な子にするためには、プレママの健康状態や食生活、栄養管理がとても重要なのです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。

保護者から虫歯菌が移り、その後歯が生えてきて虫歯になりやすい食生活やお口の環境が続くと虫歯菌が増えて虫歯になります。

この「保護者から虫歯菌が移る時期」までに、保護者の虫歯菌をいかに減らしていくか(保護者のお口の環境を整える)が重要になってきます。

そのためには、妊娠中から保護者のお口の環境を整える必要があるのです。

この二つを「マイナス1歳からの虫歯予防」と呼んでいます。

 

当院では

  • お腹の中の赤ちゃんを歯の丈夫な子に
  • お母さんの虫歯菌をできるだけ減らす

この2つを大きな目標に「こっころお口のサポート」をおこなっています。

特に2番目の「お母さんの虫歯菌をできるだけ減らす」ことに関しては 虫歯治療そのものも必要ですし、セルフケア自体もテクニックが向上することが必要です。

そのため妊娠期間中だけでなく、出産後にもチェックが必要なため産前産後それぞれ1回としています。

 

こっころお口のサポートは島根県の発行する「こっころパスポート」だけでなく、全国の子育て支援カードが使用できます。

そのため、里帰り出産をされて産後しばらく松江に滞在される方も利用することができます。

詳しくは受付までお問い合わせください。

 

PAGE TOP